ビジネスランド

ビジネスランドへようこそ

デザレット文字

デザレット文字(デザレットもじ、Deseret alphabet)は、アメリカ合衆国末日聖徒イエス・キリスト教会において19世紀後半に使用された、英語を表記するための文字。

38文字からなるアルファベットであり、左から右へ書かれる。

1852年4月8日、ブリガム・ヤングはデザレット大学理事会が新しい英語の正書法を開発していることを発表した。英語以外を母語とする改宗者に対して、英語をもっと学習しやすいものにするのがその目的だった。ヤングは英語の正書法が一字多音であることに反対していた。彼の秘書であったジョージ・D・ワット(en)はアイザック・ピットマンのもとで速記と音声にもとづいた正書法改革について学んでおり、ヤングはその影響を受けていた。

現存する最初の文字表は1854年に印刷された[2]。

1859年以降、教会の新聞である「デザレット・ニュース」にデザレット文字で書かれた聖典の文句が出現するようになった[1]。オーソン・プラット(英語版)によってデザレット文字の活字も作られ、それによって1868年から翌年にかけて教科書と『モルモン書』が印刷された[1]。プラットはさらにこの文字による1000冊の書物を出版する計画を立てたが、予算不足で立ち消えとなった[1]。1877年にヤングが没すると、デザレット文字の歴史も終わりを告げた。

 

プリスクール 大阪英語保育園 大阪大阪 英語 保育園堀江 インターナショナルスクール 1歳堀江 英語 保育園

Rリンキング

Rリンキング(アールリンキング、英語: r-linking)とは、イギリス英語において、-r または -re で終わる単語に母音で始まる単語が続いたとき、/r/の音が挿入されること。リンキング(リエゾン)の一種。

例:stir /stəː/(スター)+it /ɪt/(イット)→stir it /stəːɹɪt/(スターリット)

アメリカ英語では語末の r がr音性母音として発音されるため、rリンキングは自然に起こる。

プリスクール 大阪英語保育園 大阪大阪 英語 保育園堀江 インターナショナルスクール 1歳堀江 英語 保育園

英語を国際的な共通語として普及させる手段として、4つの基本的なアプローチが提案・使用された

自由放任主義のアプローチ
This approach is taken either out of ignorance of the other approaches or out of a belief that English will more quickly (or with fewer objections) become a more fully international language without any specific global legislation.

 

言語プログラムの組織の後援と草の根運動の促進
英語を支援している個人的・組織的な草の根運動があったので、正式な国際支援を得るいかなる試みもなしに、一部の政府は、海外の英語プログラムの後援を通して英語の拡大を促進させた。

 

国家レベルの法制度
英語の拡大を進めて、時間とともにより多くの国を含むことができると信じて、少なくとも数種類の公式地位を持ちながら英語を守る国を勇気付けるアプローチ。

 

国際レベルの法制度
このアプローチは、それから世界中の全ての学校で教えられるはずの公式国際補助語について正式に同意するため国際条約締結の将来の保持の促進を必要とする、主要なレベルから始まる。英語に代わる代替言語を考慮する間[8]、このアプローチは、言語の後に国際世論と法律を置くために、提案された条約の代表団の十分な大多数によって、そして、完全な世界公用語として国際補助語を強化するために英語が選ばれる可能性を考慮に入れている。

 

大阪 インターナショナルスクールインターナショナルスクール 大阪大阪 キッズインターナショナルスクールインターナショナルスクール 大阪 1歳1歳 インターナショナルスクール 大阪